パソコンのサーバを詳しく知りましょう

パソコンのサーバを詳しく知りましょう

パソコンとサーバのソフトウェアについて

サーバには色々なものがありますが、サーバにはサーバに必要な機能が備わっていると言えるでしょう。サーバにインストールされるソフトウェアは、サーバでの運用に適したものとなるように設計されています。その違いというのはどのような点にあるのかというと、アクセスするユーザの違いだといえるでしょう。パソコンでは基本的に一人のユーザが処理を行いますから、それだけの機能があればよいのです。しかしながら、サーバには多くのユーザが同時にアクセスするということもありますから、それらの処理を平行して行っていくという事が必要となってくるでしょう。そのために、パソコンのソフトウェアとサーバのソフトウェアでは、基本的な設計思想が異なっていると考えられるのです。例えば、データベースを利用するときにも大きな違いはあります。一人のユーザしかアクセスしない場合には、常に一つだけの処理を行っていれば良いといえるでしょう。しかしながら、多くのユーザがアクセスする場合には、それらの処理を同時に行わなければなりませんから、データの整合性をとるということも必要となってきます。また、同時に処理をしなければならないわけですから、処理能力も高くなければ成りません。このような違いがあるのです。パソコンにインストールするデータベースソフトと、サーバにインストールするデータベースソフトとは基本的に異なっているのですが、その理由はこのようなユーザ数の違いにあると言えるでしょう。